織田信長が最もひいきした家臣で戦国時代の人気キャラクター、森乱丸(森蘭丸・森成利)の生涯を探る。

信長への思いやり

主従を超えた関係2 信長への思いやり

森蘭丸

※乱丸の人物像を知る上で参考になる逸話があるか、実話であるかどうかの真偽は不明である。

     *    *    *    *    *

ある時、信長が「障子を開けたまま来たから閉めてこい」おっしゃった。
乱丸が行ってみたら、障子はきちんと閉まっていた。
乱丸は障子をわざと開けて音を立てて閉めた。
信長が戻ってきた乱丸に「開いていただろう。」と聞くと、「閉まっていまいした。」と乱丸は答えた。
「では、なぜ閉めた音がしたのだ。」と信長が聞くと、
「仮にも上様が開けてきたとおっしゃったのに、閉まっていたというのでは上様がおっちょこちょいだと思われる。だからわざと閉めた音を立てて皆に聞かせたのです。」

     *    *    *    *    *

ある僧が信長に大量のミカンを献上した。
乱丸がそのミカンを山盛りにした器を運ぼうとした時、信長が「おまえの力では無理だ。倒れるぞ。」と言った。
案の定、乱丸は台もろともひっくり返り、座敷にミカンをぶちまけてしまう。
「それ見ろ。わしの言ったとおりではないか。」と信長の一言。
後日ある人がその話を持ち出すと、乱丸は「あの時、私が転ばなければ、上様の目利き違いになってしまうのでわざと転んだのだ。」と言った。

     *    *    *    *    *

信長が休憩のために農家に入った時、地震が起こったので家臣たちが大騒ぎをした。
皆は、すぐに上様にお知らせして避難させなければと考えたが、乱丸は動かなかった。
やがて信長が出てきたときに「さきほど地震がございました。」と報告。
信長が「なぜその時に言わぬ?」と尋ねると、
「あなたは今、天下に大地震を起こしている方です。あんな小さな地震はご報告するまでもないと思いました。」
信長は爆笑した。


目次

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional