織田信長が最もひいきした家臣で戦国時代の人気キャラクター、森乱丸(森蘭丸・森成利)の生涯を探る。

人を見抜く洞察力

乱丸の人を見抜く洞察力

森蘭丸

※乱丸の人物像を知る上で参考になる逸話があるか、実話であるかどうかの真偽は不明である。

     *    *    *    *    *

信長が紀州より召し抱えた者が居た。

乱丸は信長に言う。
「はばからず申しますが、その者、身分の者の割には言葉が上手すぎます。紀州の人間だから、伊賀にも近いことです。縁者を丸め込んで裏切るつもりでしょう。きっと身分あるものに言い含められた言葉を、自分の言葉に直さずにそのまま言っているのです。」

調べた結果は乱丸の言葉通り。その者の裏切りは発覚し、罰せられた。

     *    *    *    *    *

信長が光秀を叩いた時、光秀は落涙して「ご恩莫大なる上様に、謀反など考えたこともございませんのに・・」と言った。
側にいた乱丸は「上様は親しみの余りに叩かれたのです。うらやましいことです。」と取り繕ったが、
後で信長に「謀反を考えたことがない、というのは謀反心ある証拠です。」と告げた。

またある時、光秀は食事の際、口の中にある飯もかまずに何やらじっと思案し、自分で手に持っていた箸を落とした事にもしばらく気づかない様子だった。
乱丸は光秀が謀反を企んでいるに違いないと思い、信長に進言した。
しかし信長は取り合わなかった。


目次

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional