織田信長が最もひいきした家臣で戦国時代の人気キャラクター、森乱丸(森蘭丸・森成利)の生涯を探る。

スピリチュアル系だった?

心霊現象に動じず、夢診断もするスピリチュアル系?

森蘭丸

※乱丸の人物像を知る上で参考になる逸話があるか、実話であるかどうかの真偽は不明である。

     *    *    *    *    *

堺に妙国寺という寺には巨大なソテツの木があった。
織田信長の命令により、このソテツを安土城の庭に移植したところ、信長は庭の方から「妙国寺へ帰ろう。妙国寺へ帰ろう。」と奇怪な声がするのを夜な夜な聴いた。
乱丸が、その声の正体を突き止めるようと庭先に下りて行くと、声の主はソテツだった。
乱丸が「今の声はソテツから出ていました。」と報告すると、信長は爆笑した。
その晩、乱丸はソテツを見張るために次の間で宿直した。
翌日、信長が大勢の家臣に斧を持たせてこのソテツを切らせると、切り口から真っ赤な血が流れ落ち、切った家臣も卒倒しているではないか。
結局、そのソテツは元の妙国寺に戻された

※現在、妙国寺のソテツは国指定天然記念物。

     *    *    *    *    *

ある晩、信長が、馬の腹や胸をネズミが食いちぎる夢を見た。乱丸に夢の吉凶を尋ねたところ、乱丸は「それは吉夢です」と答えた。

その後、乱丸は密かにある人に会い「これは一大事だ。殿の生まれの干支は午年、明智は子年であるから、あの夢は殿が光秀のせいで切腹するという凶兆だ。この夢が10日前であったなら事前に光秀を討てたものを、西国攻めのために丹波へ下ってしまったので、今やどうすることもできない。」と言いながら涙を流した。

これを聞いて皆笑っていたが、本能寺の変が起きてから乱丸の予言が正しかったことがわかり、誰もが恐れ入った。


目次

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional